料金を比較する

引越し業者とガムテープ

部屋を借りる時には、さまざまなお金がかかります。敷金や礼金など家賃の6カ月分はかかるとされます。部屋が決まってよかったとなりますが、そこに住むには引越し業者を手配しないといけないです。そこで気になるのが料金です。特に春シーズンは、一年で一番引越し業者も大忙しで料金も通常のシーズンより割高になっています。なぜ売上のある時期なのに割高なのかというと、人件費がかかるからです。そのためこのシーズンを避けたほうが引越し料金は安くなるということです。しかし、新生活をスタートさせるのに時期をずらすということはふつうはできないです。その他の割引としては2週間以上前の早期予約や時間指定なしなどにすると割引がされる業者もあります。

引越しは、複数の業者に見積もりを依頼するのが前提となっています。最近では、インターネットで小規模の業者から大手の業者まで何十社と一度に見積もりができる一括見積依頼サイトがあります。見積もりに必要な情報は、転居先の住所と転居先にエレベーターの有無、現住所、運ぶ荷物の種類と量、他にもさまざまな項目を入力します。それから引越しの予定日や時間です。入力が完了して見積りを依頼すると、メールで見積り結果が来ますので、料金を比較して安い所を見つけることができます。ここでの注意点は、ただ料金が安いだけでなくその内容です。人員が少なかったり保険が適用されない、サービス内容など料金だけ比較するのでなくその内容も検討することです。